在宅でも仕事ができるウェブライターの仕事とは?

ウェブライターになるには

ウェブライターとは、インターネットのサイトを作る上で必要な記事を作成する仕事をする人のことを言います。資格は特に必要がなく、作成した記事のテキストデータを、インターネット回線を通じて納品するため、最低でもインターネットが通信できる回線とパソコンで文字入力できる環境が必要となります。一部ではスマートフォンでも記事作成を認める場合もありますが、長めの記事を作成するには向かないことがあります。仕事を探すには、ライターの仕事を仲介するサイトに登録をするといいでしょう。掲示板形式になっている場合は、自分ができそうな記事の案件に応募をして仕事に取り掛かります。所定の専用のフォームで投稿をする場合には、特に必要はありませんが、相手先の要望で専用のエディタや表計算ソフトから納品をするようにと依頼がある場合があります。決められたファイル形式に変換できる場合は、無料のソフトで代用できることもありますので、あまり心配する必要はありませんよ。

在宅で仕事をするにはどうしたらいいですか

ウェブライターの仕事を志す人の中には、純粋に文章を書くのが好きだからという方も多いでしょうね。また、家庭の事情で外で働くことが難しい方が、在宅で仕事を探すということもあるでしょう。記事作成を多くこなすには、文字の入力スピードを上げることも必要です。定期的に契約をしているライターは比較的長文の記事依頼であっても、納期まで幾日か待ってもらえますが、通常は長くても1時間半くらいの間で作成をしなくてはいけません。できればキーボードを見ずに、タッチタイピングができた方が仕事がはかどりやすいでしょう。制限時間よりもだいぶ時間を残して仕上げられると、後で読み返して、誤字脱字や文章のおかしい所を訂正する時間も取れます。最初のうちは、100文字から300文字程度の案件に挑戦をして、慣れるようにするといいでしょう。

記事作成において気をつけたいこと

ウェブライターの仕事に取りかかる時には、正確な記事を書くために、インターネットや辞書、書籍を使って参考にしたり、調べたりすることが多いです。特に制限時間が厳しい場合は、インターネットから参考資料を集める方がほとんどでしょう。その際に、調べたことを丸写しするのは厳禁です。著作権法の違反になり、ウェブライターの仲介サイトの中には、丸写しされた文章を問題視して、退会措置等の厳しい罰則が下される場合もあります。できるだけ独自の言葉で、読む人にとってわかりやすい記事を作成するように、常に心に留めておくようにしましょう。正しい言葉を適切な所で使えるよう、手元に国語辞典や類語辞典を置いて、使う習慣をつけることをおすすめします。

記事作成をする場合、書く経験を積むことはもちろんですが、読むという事も重要になります。新聞などを読むことを日課としましょう。