話題の暗号通貨ビットコインってどうなの?

ビットコインってどういうもの?

一般に流通する紙幣と貨幣は、国の銀行が製造しています。日本なら、日本銀行ですよね。でもビットコインは、そういう銀行が発行しているわけではありません。では誰が発行するのか? それは「参加者」が「採掘して」発行するのです。でも採掘っていわれても意味がわかりませんよね。これは簡単に言うと、ビットコインのシステムが時間の掛かる計算問題を出すので、それを一番最初に説いたコンピューターに通貨を発行する、という仕組みなのです。ちなみにこの通貨の発行は上限が決められています。

ビットコインの何が革新的なの?

一番のポイントは、中央集権的な権力機構が存在しないことです。各国の銀行であれば、政策金利を上げてみたたり下げてみたり、その国の都合で利子や流通量をコントロールされたりしまいます。しかしビットコインでは、全ての取引が(匿名ではありますが)記帳として公開されていて、誰でも見られるようになっています。更に通貨の正当性を保証するシステムがあり、偽造は極めて困難です。これによって、偽造に強く、国家間の利害対立にも強い貨幣の流通システムが、新しく開けたこと。これが画期的だと言われています。

ビットコインの今後は?

とはいえ、少し前にビットコインと預かるサービスがハッキングされて、大規模な流出事件を起こしました。これによって少し世の中に「やっぱり駄目なのか」という空気が流れましたが、これはサービスの運営者のミスであり、ビットコインそのもののミスではありません。またビットコインの持つ中央集権的な権力を持たない構造そのものは、ビットコインのみならず多数の分野で応用されようとしています。政治の投票に使おうとする流れもあるようです。いずれにせよビットコインそのもんだけではなく、周辺のトピックも要注目、というところですね。

ビットコインは株と同じように日によって相場が変わっており、ポイントサイトでも交換リストに上がっています。