やってはいけない!!ネットでの誹謗中傷!!

時代の進化による人々の変化

近年ではパソコン以外にもスマホなどでSNSなどが気軽にできるようになり、若者からお年寄りまでSNSがより身近な存在になりました。それは時代が進化しているという意味ではいい意味にもとれますが、便利になればそれだけリスクも伴います。SNSというのは自分の本名を載せなくてもいいものが多いので、ニックネームや関係ない名前にすることもできます。そうすることによってなりすまして色々と悪いことをすることもできるわけです。

SNSというものの恐怖

その悪いこととは何かというと、ネットを使用した誹謗中傷です。これは実際に知っている人もそうですが、全く知らない人にも自由に書き込めてしまいます。機能の中にはそういうことをされたくない人などは、知らない人には見えないようにしたりするものもありますが、有名人や芸能人など、このSNSというものが情報手段にもつながるのでそのような機能をつけては有名になれないということもあるので、そうなると誰でもコメントできるようになります。

ごく単純なことすらできない世の中

そういう誰でも何でもできる状態にしている人は誹謗中傷を受けやすいです。知りもしない人や、ニックネームなので誰か確定することも難しいというようなことは日常茶飯事です。誰か分からないということで、コメントする方は自由にできますし、自分には何も降りかかってこないのでひどいこともコメントします。そのようなコメントに悩んで苦しんでいる人は沢山います。そんな中でも頑張っているのです。自分がされて嫌なことはしないという単純なことができない世の中は進歩しても決していい時代ではありません。

現代はSNSや匿名掲示板が数多く存在しており、個人法人問わず、ネット誹謗中傷に晒される危険性があります。万が一、誹謗中傷を受けた際は専門業者に早急に依頼する事が、問題解決をする上で欠かせません。