匿名で!?自分の悪口ばかり書かれていたら!

誰なのか突き止めよう!

ネットに匿名で色々なことを書き込める時代です。良いことを書き込まれていたら嬉しいものですが、残念ながら悪用する人もいます。人は感情が移ろいやすいもので、初めは好意があったはずなのに憎しみに変わる人がいるものです。もし、ネットに自分の悪口を書かれていたなら、相手を突き止めましょう。思い当たる人物がいれば、友達にも相談して誰なのか突き止めた方が良いのです。相手は気づかれていないと感じると、更に書き込むかもしれません。

プロバイダーの会社に相談!

学生でもラインで嫌なことを書かれている人がいます。携帯電話の使い方を悪用する人が悪いので、証拠は保存しておきましょう。画像や文章は証拠を残していなければ意味がありません。何度も読み返すことは苦痛ですが、その証拠を持っていることで、後々は自分が有利になりますよ。悪いことをしている人は、法的手段で訴えることが出来るのです。しかし、匿名では相手が誰なのかわからないので、プロバイダーの会社に発信者を教えてもらいましょう。

削除要請を依頼しましょう!

いつまでもネットに自分の悪口を書かれていたら、誰でも嫌になります。本人が不快と感じていることは、ネットに残しておきたくはありません。証拠を保存した後には、プロバイダーの会社やブログの運営者などに連絡をして、削除要請しましょう。証拠が自分の元にあれば、いつでも発信者を訴えることが出来ますよ。どのような内容なのか警察や弁護士に相談してみましょう。例えば、人に見られたくない写真が掲載していた場合、犯罪行為となります。

逆SEOの対策のメリットは、それぞれのホームページの運営者の判断に左右されることがあるため、日頃から最新の情報を仕入れることが肝心です。